五星三心占いの早見表を無料で紹介!2018年のあなたの命数とタイプをチェックしよう!

ゲッターズ飯田さんの占い「五星三心占い」。

当たると評判なので自分も占ってみたいと思うけどどうやって占えば良いの?と思っているかたも多いでしょう。

この記事では、五星三心占いの早見表を無料で紹介します。

あなたがはじめにやることは、自分の命数をチェックしてどのタイプなのかを把握することです。

ちなみに2019年度についてはこちらにまとめてあります。

それでは、早速占いのやり方をみていきましょう!



五星三心占いの早見表からあなたの命数を確認しよう

五星三心占いは、全部で12のタイプに分かれています。

どのタイプに当たるのかは、自分の命数を確認して割り出す必要があります。

まずは以下の早見表から自分の命数を調べてください。

命数は1〜60まであり、生年月日で決まっています。

1945年〜1954年(昭和20年〜昭和29年)の命数早見表

1955年〜1964年(昭和30年〜昭和39年)の命数早見表

1965年〜1974年(昭和40年〜昭和49年)の命数早見表

1975年〜1984年(昭和50年〜昭和59年)の命数早見表

1985年〜1994年(昭和60年〜平成6年)の命数早見表

1995年〜2004年(平成7年〜平成16年)の命数早見表

2005年〜2016年(平成7年〜平成28年)の命数早見表

 



スポンサーリンク

命数からあなたのタイプを割り出す

あなたの命数がわかったら、続いてタイプを調べましょう。

  • 1〜10 → 羅針盤
  • 11〜20 → インディアン
  • 21〜30 → 鳳凰
  • 31〜40 → 時計
  • 41〜50 → カメレオン
  • 51〜60 → イルカ

というタイプに分かれています。

そして、

生まれた西暦年が偶数(例えば1960年、1978年、1996年など)であれば「金」

生まれた西暦年が奇数(例えば1963年、1971年、1999年など)であれば「銀」

となります。

ひとつ例をあげますね。

1970年6月18日生まれの場合

早見表から命数は「1」なので、タイプは羅針盤。

西暦数は1970年と偶数なので「金」。

ということから「金の羅針盤」となります。

 

これで、あなたの命数とタイプがわかりました。

続いて占いに進みましょう!

金の羅針盤はこちらから

銀の羅針盤はこちらから

金のインディアンはこちらから

銀のインディアンはこちらから

金の鳳凰はこちらから

銀の鳳凰はこちらから

金の時計はこちらから

銀の時計はこちらから

金のカメレオンはこちらから

銀のカメレオンはこちらから

金のイルカはこちらから

銀のイルカはこちらから

 

 

水晶玉子のオリエンタル星占術(宿曜星占術)でもあなたの運勢を確認してみましょう!

 

細木数子さんの六星占術でもあなたの運勢を占ってみましょう!

 

 



スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です